上銀金縄ターコイズ

○大人気モチーフNo.1 ゴローズのフェザー

カリスマ的インディアンジュエリーブランド、原宿にある「ゴローズ(goro’s)」。
その中でもメイン中のメイン、人気No.1アイテムなのがこのフェザーです。

シルバー、18金などを使用した、貴金属製品にも関わらず、大胆で繊細な彫金技術をもって
まるで本物の羽根かと思うようなリアルな印象のモチーフです。
そしてこのリアリティこそがゴローズのフェザーの最大のポイントといえるでしょう。

goro’sのシルバーアクセサリーの中でも、一番象徴的であり、バリエーションの豊かさも抜群です。
多くのゴローズファンが、まずいちばんはじめに集めたくなるアイテムとも言えます。

バリエーションの豊かさから、カスタムでの幅広さも抜群です。
単体で組む場合、ビーズで組む場合、革紐orチェーンで使うなど、様々なバリエーションがあります。
インターネット・SNS等でも、色々な方が色々な組み方をUPされています。

○ゴローズにとって、フェザーのモチーフが持つ意味

ネイティブインディアンたちは、現在でも、鷲羽をお払いの時等に使用しています。
手にしている時は、自分に正直に、「真実」を語らなければいけないとされています。

また、イーグルそのものも、力・名誉の象徴です。
知恵・リーダーシップに富むイーグルは、世界を自由に羽ばたきます。
そして、友情や家族・仲間などとの、永遠の平和の約束という意味もあります。

○「右向き」「左向き」の見分けかたは?向きに意味はあるの?

「右向き」「左向き」とありますが、簡単な覚え方をご紹介します。
実際に首につけ、足元をみたときに、羽の先が心臓の方(自分から見て左手)に曲がっているのが「左向き」となります。その逆が右向きですね。

そして、この向きの違いは「鷲のつがい」つまり雌雄を意味していて、
同時に「男女・家族」の象徴でもあるのです。

左向きフェザー…男性
右向きフェザー…女性
をそれぞれ表現しています。

これを頭に入れたうえで、カップル・夫婦で合わせていたりと楽しんでいる人もいるようです。

○サイズは何があるの?種類は?

おおまかに分けて、「特大」と「大・中・小」があります。
また、素材も銀のもの、シルバーのもの、一部金が使われているものと様々です。

そして、「特大」には、更に様々な種類があります。
一部をご紹介します。

・プレーンフェザー…価格が比較的リーズナブルで手が出しやすく、最もプレーンなかたちのものですが、現在店頭に並びにくいようです。

・上金(うえきん)フェザー…代表的なものの一つで、シルバーの羽に18Kのハート(短く丸みがある、鷲の胸元の羽のことです)を合体させたデザインです。

・上銀(うえぎん)フェザー…こちらはハート羽の部分もシルバーです。

・K18メタル付きフェザー…羽の先端に、象徴的なイーグルメタルが合わさったデザインで、初心者の方に人気です。

・金縄(きんなわ)ターコイズハート付きフェザー…羽をベースに、ハートの部分にターコイズが埋め込まれていて、石の周りを縄目で囲ったような仕上がりのものです。

・銀爪(ぎんつめ)K18メタル付きフェザー…こちらも先端にメタルがついていて、上の部分にはイーグルの爪があしらわれています。大人気な商品でこちらも手に入りにくくなっているようです。金爪もありますが、今はほとんど入手不可能です。

○どうやって手に入れるの?

このように、ゴローズというブランドを代表するアイテムであるフェザーですが、
絶対確実に本物を手に入れたいというのであれば、実際にゴローズの店舗で並んで購入するのが一番です。
長時間の根気と運が必要になりますが、実際に店舗で購入するので安心ですね。

遠方の方、また忙しくて時間が取れないという方には通販等を利用する手もありますが、
大人気ブランドの為偽物や悪質なお店も存在しており、
確実に信用できるお店でないと本物は手に入らないかもしれません。

フェザー各種を通販で購入したい方は下記リンク先をチェックしてください。

各種フェザー、扱っております。通販で買いたい方はこちら。ゴローズ通販サイト。

上銀特大フェザーゴローズ