イーグルフック

○原宿発ジュエリーブランドゴローズって?

ゴローズとは、インディアンジュエリーの第一人者・巨匠高橋吾郎さんのジュエリーブランドです。
キムタク・EXILE・西川貴教さんなど、人気芸能人やセレブにも熱狂的なファンを多数持ち、
現在でも原宿にあるショップの前には毎日多数の行列が出来るほどの人気ブランド。
ブランドが立ち上げられた当初から50年近くにわたり、幅広い年齢層の男性を中心に愛されているんです。
オーナーでありデザイナーの高橋吾郎氏が、高校生の時に進駐軍から革の彫刻を教わり、
独学で勉強して27歳のときに青山にショップをオープンさせたのがはじまりです。

彼のインディアンジュエリーにかけた情熱と信念に何より信頼を置くファンが多く、
90年代前半には制作が間に合わないほどのオーダーが殺到。
一躍、シルバーアクセサリー業界での名声は不動のものとなります。

親しみをこめて「ゴローさん」と呼ばれる高橋吾郎氏の、
真摯なものづくりへの思いや、一点一点丁寧に作りこまれた仕事、
長い間使い続けられる高いクオリティーが今なお多くの人たちの心を惹きつけています。

○同じくシルバージュエリーブランドのクロムハーツとは?

1988年に設立されたシルバーアクセサリーの高級ジュエリーブランドです。
もともと、バイク用皮革製品のボタンやファスナー等が主力でしたが、
秀逸なデザインと口コミで評判となり、リング・ブレスレット・ネックレスなど、多種多様な展開をされて現在に至ります。
シルバーアクセサリー界では、興味が無い人にとっても
知らない人が居ないのではというほど有名です。

○ゴローズとクロムハーツ、何が違うの?

ゴローズ、クロムハーツ、両方共シルバーアクセサリーの人気ブランドです。
どこが違うのか、詳しく見ていきましょう。

◆デザインの方向性

ゴローズはインディアンジュエリーブランド、
ネイティブ・インディアンらしい、イーグルや太陽などといった自然のモチーフが多いです。
躍動感に溢れ、非常に魅力的な仕上がりとなっています。
クロムハーツはそれにとどまらず、多種多様なデザインがあります。どちらかというといかつ目で
クロスやミリタリー方面のデザインも多いです。

◆店舗数

ゴローズは原宿に1店舗のみ、基本的に通販も行われていません。
だからこそ、希少性が高く、オークション等では定価以上で販売されることも多いです。
クロムハーツは取り扱い店舗、輸入販売店が多く、比較的手に入りやすいです。

◆長く使えるのは?

これは人によって異なる部分があると思いますが、
クロムハーツだと年を重ねるにつれて
ハードすぎて似合わなくなってしまうという声も多く聞きます。
その分、若い時代ではしっくり来る人が多いのでしょう。

一方ゴローズですが、40~50代となっても、カッコよく付けられる!という
感想が多いです。
それは、ほぼ長い間変わらずにいるデザインの意匠や、作りの丁寧さはもちろんのこと、
「持ち主と一緒に年を重ねていく」という部分で軍配が上がっているように思います。

若いうちはジャラジャラとたくさんつけていてもOKだったものが、
シンプルな付け方へと変わっていく等の変化はあるでしょうが、
まさに一生もののアクセサリーと言っても良いでしょう。

◆ジャンルが違えど、魅力的な両ブランド

ゴローズとクロムハーツにおいては、デザインや店舗数、販売形態に大きな違いがあります。
大きなひとつの「シルバーアクセサリー」というジャンルの中でも、棲み分けができている印象です。
両ブランドとも、良い面があり、魅力もそれぞれ…といったところでしょうか。

ただ、長く使える、その人に寄り添って年を重ねていくという点、
また希少性が高く、ファンの中のブランドに対する熱が高いのは圧倒的にgoro’sでしょう。

シーンや年代によって様々な選択肢がありますが、自分にぴったりのものをチョイスして
カッコよく毎日を過ごしていきたいものですね。

ゴローズに興味があって、お店になかなか並べず、通販で購入したい方は下記リンク先をチェックしてください。

ゴローズを通販で買いたい方はこちら。ゴローズ通販サイト。

ゴローズ買取 銀爪特大フェザー